Posted by at

2008年12月10日

修了証書をもらいました

昨日は
熊本でブログ講座の閉講式でした(^^)

成果の発表などが行なわれ
そこでこんな

証書をいただきました(ちなみに左上のシミは、お茶をこぼしたものですグッ

(あ、水俣の商店街だけでもこの証書の写真、ブログに載せたの3人目ですね(^^;)
読んでる人は何の変わり映えもなく、たまったもんじゃないですね、スイマセン。
でも、これしか昨日の修了式ネタは写真載せようがないんです(T-T))

昨日をもって講習会は終了し
あとは各商店街で
ブログの輪を広げられるよう
頑張っていって下さい
と言う事でした

       *
僕も今後は、毎日
ちゃんと休む事なく更新し
皆さんに
靴屋の日常、
ささやかな
笑い、希望、そして夢を提供し
皆さんに可愛がられ
愛されるブログを
作っていこうと思っています

これからも、よろしくお願いします☆









  

Posted by わらじ at 16:42Comments(7)ブログ講座 のこと

2008年11月12日

職人さんに聞け!



「靴が再生する事で、お客さんに喜んでいただける事が一番嬉しいですね」
水俣市内で靴屋を営む上田高士さんは笑顔で我々取材陣の問いに答えた。
水俣市役所前で先代の岩松さんが、店舗を開いて60年。今は店舗を市内中心部、ふれあい一番街に移し、修理製造もできる靴屋さんとして地域の方々に喜ばれている。


店舗では皮靴皮バッグ等を主に皮製品を扱っておられ、「合皮(合成皮革)と違って、皮は修理すると何十年でも使えます」と皮製品への思いを高士さんは語られた。
皮靴の製造、修理の技術は先代からそのまま高士さんが受け継ぎ、継承している。同じ靴を何度も修理しに持って来られるお客さんも多いそうだ。遠くは熊本、博多、最も遠くは東京から靴の修理の注文があったという。


「最近は足の悩みを持つお客さんも多い、足に合わない靴を履き続けると、体の歪みを招いたり外反母趾等になる」と靴の伸ばしや縮めなど調整や補正をし、お客さんが足にピッタリの靴を履いてもらえるよう心を配っている。

現在も商店街顧問、少年補導員、町内会会長を勤める上田さん。
今年で65歳の上田さんだが、これからもお客さんの為、地域の為、精力的に活動をしていかれそうだ。  

Posted by わらじ at 10:36Comments(0)ブログ講座 のこと

2008年10月23日

ブログ販促講座の取材

今日は、水俣の商店街で、ブログ販促講座を私と一緒に受けている皆さんが、うちのお店を取材に来られました(^-^)
当店の靴職人にインタビューカラオケブログ講座の一環で取材の練習という事です。


皆さん熱心に取材をされ、「どんな修理が好きですか?」等、日頃考えてもいないような質問をされ、靴職人も苦笑いでしたえーっと…

靴屋では常識の事も、一般の人には以外と知られていないなあおっ  と逆に教えてもらえる取材でしたグッ

取材はそのうち皆さん(私もしずく)ブログに載せるらしいので見て下さい、よろしくお願いしますーにっこり  

Posted by わらじ at 21:44Comments(5)ブログ講座 のこと